美白のための洗顔方法

美白になりたいときには、洗顔方法から気を使う必要があります。

 

というのも洗顔は肌の汚れや皮脂の他に、古い角質を落とすということも含まれており、不要なものを肌から取り去ることで、新しい肌が生まれるサイクルをサポートし、そして素肌に戻った肌に潤いを供給するスキンケアの際には保湿成分などの浸透がしやすい状態を作ることに繋がりますので、美白を目指す上ではスキンケアだけでなく洗顔も重要なお手入れと言えます。

 

洗顔時の注意点

洗顔する時、いきなり洗顔料を使って洗ってしまう方も多いのですが、肌に化粧成分が残っていたり皮脂汚れがひどい状態ですと、一度の洗顔で綺麗に汚れを取り除くことができません。
化粧を行っている方は、クレンジングを使って化粧成分を取り除いてから洗顔する必要がありますし、皮脂汚れがひどい方も、ぬるま湯で顔全体を軽く洗ってから洗顔料を使用するようにしましょう。

 

洗顔料を使って洗っていく時にも注意点が存在してきます。

 

しっかりと泡立てて摩擦を減らした洗い方を意識しましょう

洗顔する時に美白効果を得たいときには、余計な摩擦を防ぎながら洗顔することを重視しなければなりません。

 

摩擦を与えることで、お肌の表面に傷がついたり、必要な油分を落とし、乾燥の原因となってしまいますし、刺激からお肌を守るために角質も厚くなってしまいくすみが起こりやすくなるからです。

 

美白効果を得たいときには、肌に負担を与えないように、やさしくマッサージするように洗顔料を馴染ませ、成分をしっかりと洗い流すためにたっぷりのぬるま湯を使って洗い流すようにしましょう。

 

濃密泡で洗える洗顔生石鹸

 

 

(美白:メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと)